ペット保険や犬のしつけについて│ペットショップの選び方も

女性と犬

習性やしつけについて

犬

ヨークシャテリアは人気のある犬種ですが、負けず嫌いな性格で気が強いので、しつけをしっかりすることが大切です。また、歯の病気になりやすいので、ドッグフードを工夫するなどして飼い主が注意してあげましょう。

読んでみよう

探しかたのポイント

犬と猫

名古屋でペットショップを探している方は、できるだけ環境のいい状態で動物を保管しているペットショップを選ぶといいでしょう。たとえば、フンを放置しているようなお店や、陳列時間が決まっていないお店は避けるようにしましょう。

読んでみよう

治療費の負担を減らすには

ドッグ

ペットが病気になると動物病院に連れていくと思いますが、これらは国民健康保険の対象外なので、その治療費は全額負担となります。そのため、ペットの病気の状態が深刻ならば、それだけ治療費が高額になる可能性が高いとされています。治療費が払えなくて、ペットがみるみる衰弱していくのを見るのは辛いと思います。しかし、自分が飼っているペットが将来的に病気になることは誰も予想できません。そのため、ペットが将来病気になってもいいように、治療費を一部肩代わりしてくれるペット保険というのがあります。形式的には人間の保険と変わりなく、適期的にお金を収めることでいざというときに、治療費の一部を負担してくれます。ペット保険には、定率保障スタイルと実額保障スタイルがあります。定率保障スタイルは、手術や駐車などの各治療に対して、決められた割合の額を払うスタイルです。たとえば、半額保障や7割保障、9割保障など様々な割合を好きに決めることが可能です。当然、割合によって月々に支払う金額は変化してきます。また、このような保険は動物病院で支払うときに、その場で割引してもらうことできます。そのため、急にペットの容態が悪化して手術することになっても、安心して手術を任せることができます。一方の実額保障スタイルは、基本的には治療にかかった全ての費用を保険会社が負担してくれます。そのぶん保険料も高くなりますが、何回手術してもその度にお金を負担してくれます。しかし、年間で使うことができるお金が決まっているため、とても高額な手術をして保険金を使いきってしまった場合は、次の年度になるまで保険が降りることはありません。

リアクションを明確に

ドッグ

犬のしつけとして大切なことは、飼い主のリアクションを明確にすることです。褒めているのか、叱っているのか、無視しているのか、などの声のトーンの違いが犬に伝わるやすいように工夫するといいでしょう。

読んでみよう