ペット保険や犬のしつけについて│ペットショップの選び方も

犬

リアクションを明確に

ドッグ

犬を飼うときは、そのしつけが重要になります。しつけができていない犬は飼い主や近所に迷惑をかけ、犬自身の命を危険にさらす行為をする可能性があります。犬のしつけとして重要なのは、褒めるときと叱るときの違いを明確にすることです。その区別が犬に伝わっていないと、犬はどのように行動したらいいのか、分からなくなってしまいます。自分の声のトーンや口調などを工夫して、きちんと調整することが犬のしつけでは大切です。また、犬に覚えてもらうため、できるだけそれらを頻繁に変更しないようにしましょう。口調が頻繁に変わると、犬からすればどれが怒っていて、どれが喜んでいるのか分からなくなってしまいます。きちんとコミュニケーションをとるためにも、自分のなかで犬のしつけのスタイルを確率させることが重要になります。最初に教えるべきとされているのは、叱ることではなく、褒めることだとされています。褒めることで犬はこうしたらもっと喜んでくれると考えるので、少し大げさなくらい褒めてあげましょう。実は叱るよりも犬にとってキツイのは、自分の行為を無視されることだといいます。犬が飼い主にとって都合の悪いことをするのは、ある意味で飼い主の関心を自分に向けて欲しいからだとされています。それを無視すると、犬は余計に落ち込んでしまいます。なので、叱っても命令を聞かない犬には無視すること効果的だといわれています。逆に、もし命令を忠実に聞いたときはきちんと褒めてあげましょう。褒める、叱る、無視の違いを明確にすることが、犬のしつけの第一歩になるとされています。